オタク婚活パーティーに向いてる人、向いてない人

オタク婚活パーティーに向いてる人、向いてない人の違いとは?

オタク婚活パーティー,向いている人,向いてない人

 

オタク婚活パーティーに何度も参加しているけど、なかなかカップリングできない……。

 

もしかして、自分って婚活パーティーに向いていないのかも?
だからいつまでたっても成功しないのかも。

 

そんなふうにお悩みなあなた。
もちろん、人間には向き不向きがあります。

 

特に、婚活パーティーは、目まぐるしく相手が変わり、ほとんど第一印象だけで相手を決めなければいけない、ある種特殊な場でもあります。
向いている人、向いていない人が明確に分かれる場所なのです。

 

今回は、「オタク婚活パーティーに向いている人、向いていない人ってどんな人か?」を紹介していきます!


オタク婚活パーティーに向いている人と向いていない人の違いとは?

先に言っておきますが、ここに書いている「向いている人、向いていない人」というのはあくまで傾向の話であって、向いてない人がカップリング絶対にできないわけではないし、向いている人がカップリング成功しまくるかというとそんなこともありません。あしからず。

 

さっそく行きましょう。婚活パーティーに向いている人とは?

 

オタク婚活パーティーに向いている人

  • 見た目に気を遣っている人
  • 積極的な人
  • 話すのが好きな人

 

婚活パーティーは、だいたいが3〜5分間初対面の人と話して、印象が良かった人をカップリングカードに書いて、お互いが合致したらカップリング成立、という形が多いです。

 

たまにフリータイムがあったり告白タイムがあったり、二回目のトークタイムを設けていたりと違いはありますが、やはり重要なのは「第一印象」。
オタク、特にオタク男性は、見た目に気を遣ってない、中身で勝負だ!という人もいますが、それはオタク婚活パーティーにおいては不利に働きます。

 

オタク婚活パーティーにおいて、よっぽどオタク趣味が合致したならともかく、そうじゃなければトークの内容は似たり寄ったりなもの。
「なんとなく」で選ぶことも多いわけで……そうなると、見た目に気を遣う、おしゃれな人のほうが人気が出るのは、仕方のないことです。

 

また、積極的で、話すのが好きな人も、婚活パーティーに向いています。
はきはきと楽しそうに話してくれる人は、好感を持たれやすいです。

 

次に、オタク婚活パーティーに向いていない人について。

 

オタク婚活パーティーに向いていない人

  • 人見知りな人
  • ゆっくりと関係を育みたい人
  • 忙しい人

 

人見知りな人、というのは、異性と話慣れしていない人、という意味ではありません。そういう人は経験をつんで慣れたら話せますからね。
同性でも異性でも、親しい人たちと一緒でも、人見知りしてしまう人は、もしかしたら婚活パーティーに向いていないかもしれません。

 

また、ゆっくりと関係を育みたい人も、婚活パーティーには向いていません。
「あ、この人いいかも」とぴんと来たとしても、話せるのは5分。結局気持ちが乗らなくて、カップリングカードは空欄……なんてことをしてしまうような人は、別の婚活サービスのほうが合っているでしょう。

 

忙しい人も、場所や時間がきっちりと決められている婚活パーティーは参加しづらいでしょう。

 

そういう人は、婚活アプリのほうがオススメです。
時間も気にせず、最初はメッセージのやりとりから始まるのでゆっくりとお互いを知ることができ、会うタイミングも自分たちで決められるからです。

 

婚活パーティーに向いているオタク、向いていないオタクまとめ

いかがでしたでしょうか?
いろいろと書きましたが、向いてる、向いてない以前に、「苦痛か、苦痛でないか」で判断するほうがいいかなと思います。

 

オタク婚活パーティーに参加して、なかなかカップリングできないけど、いろんなオタクがいて話すのけっこう楽しいぞ!と思えるのなら、諦めずにオタク婚活パーティーに参加したらいいし。
逆に、カップリングはたまにできるんだけども、毎回初対面の相手と会話するのが苦痛で仕方ない……というのなら、べつの婚活サービスを利用したいい。

 

婚活や、人と人との出会いはストレスがつきものです。相手に否定されたり、自分が相手を否定したりするのはとてもしんどいのです。
でも、理想の相手を探すには、数をこなす必要もあります。

 

だからこそ、ストレスは最小限に。
自分に合っているのを色々と試してみるのが、結局は素敵な相手と出会う近道だと思いますよ。
応援しています。

オタク婚活,ランキング

トップへ戻る