オタク街コンで会話を広げるためのコツについて

オタク街コンで趣味が合わないときの会話ネタ5選!

オタク街コンで趣味のジャンルが被らなかったときの会話ネタ5つ!

オタク婚活,オタク街コン,会話,ネタ,話題

 

アニメコン、ゲームコン、漫画コンなど、オタク同士が出会える街コンでは、「同士である」という安心感がありますよね。

 

オタクは、今は社会的にも受け入れられてきているとはいえ、まだまだ大っぴらには話しづらい趣味。
ですが、「オタクである」「オタクに理解がある」という前提で集まる街コンでは、早々引かれることもありません。

 

とはいえ、オタク街コンに行けば絶対に会話が盛り上がるか?というと、決してそんなことはありません。
なぜなら、オタクにも「種類」「濃淡」があるからです。

 

ゲーム・アニメ・漫画というジャンルの中でまず壁がありますし、アニメ好きにもいろいろな種類があります。恋愛ものしか見ない人とアクションものしか見ない人ではあまり話題が弾まなかったりするのです。

 

「アニメ好きなんですね!〇〇って知ってます?」
「見たことないですね。〇〇とか、〇〇とかをよく見てるんですけど……」
「あー、僕、それは見たことないですね」
「そうですか……」
「…………」
「…………」

 

という、稀によくある気まずい事態を避けるためにも、オタクネタ以外に会話ネタを仕込んでいくことをオススメします!


 

オタク婚活で趣味ジャンルが被らなかった場合の話題5つ

オタク婚活,オタク街コン,会話,苦手,続かない

 

1.趣味の話

「趣味のジャンルが被らないときの会話ネタって書いてるのに趣味の話?」と思われそうですが、なんだかんだ、オタク街コンだと趣味の話が無難です。
全然ジャンルが違っても、鉄板ネタを投げれば何かしら当たりますし、全然アンテナにひっかからないときでも、例えばアニメの話なら、「恋愛もの?日常もの?ジャンプ系?」「どんなところが好き?」と興味をもてば話してくれますし、会話が途切れません。
タイトルをメモっておいて、連絡先が交換できたら、メッセージを送るときに「オススメされてた〇〇見ましたよ〜」と次につなげることも可能。

 

2.天気・季節の話

ある意味鉄板ネタではありますが、鉄板は話を広げやすいから鉄板なのです。
「今日はいい天気ですねー」「そうですね」「…………」「…………」ということにならないように、天気+自分の感想+質問、をワンセットにして、相手がキャッチしやすいボールを投げましょう。
具体的には、「今日は暑いですね。僕、暑いのが好きで、ちょっとテンションが上がってしまうんですけど、あなたはどうですか?」といった感じです。「私も暑いのが好きです」「そうなんですね!夏はテンション上がりますよね。この夏、どこかに行ったりしました?」と会話を広げていくといいでしょう。

 

3.好きな食べ物の話

次のデートにもつながるし、会話のネタにもなる鉄板ジャンルその2。
「どこのお店がオススメ?」「それは〇〇ってお店がおいしいよ」と盛り上がれたら、「じゃあ一緒にいってみない?」と誘いやすいです。

 

4.住んでいる場所の話

「どちらにお住まいなんですか?」「ここから近いですか?」と、聞きやすく会話が広げやすい鉄板ネタその3。
どうやってここまで来たのか?どれくらいの時間がかかるのか?
話を聞いて「あの辺はお店がそろっていて便利ですよね、よく行くお店はありますか?」というふうに広げていきましょう。

 

5.仕事の話

仕事は生活の大半にかかわってくるものなので、ネタも多いです。
街コンならばプロフィール欄に「職業」を書くところがあると思うので、そこに触れてみましょう。
ちなみに、自分も聞き返されて話すのはいいのですが、愚痴るのはNG。

 

オタク街コンで会話を広げるためのコツはシンプルなこと

街コンに限りませんが、会話を広げるためのコツというのはシンプルです。
それは、「相手に興味を持つこと」。

 

「変なことを言って嫌われたらどうしよう」「緊張し過ぎて何も話せない…!」と自分のことでいっぱいいっぱいになっていると、相手に興味を持つ余裕がなく、沈黙に陥りがちです。

 

焦点を相手にあてて、相手は何を考えているんだろう?どんなものが好きなんだろう?と興味を持てれば、自然と聞きたいことが沸き上がってくるはずです。

 

最初は慣れなくてテンパってしまうかもしれませんが、場数をこなせば絶対に慣れます。大丈夫。
恋人を作ろう!!と意気込み過ぎず、まずは友達を作るような気持ちで行くと、話も弾みやすいですよ!

トップへ戻る