オタク街コン、初参加で怖い人へ。楽しむための心得3つ紹介します!

オタク婚活,オタク街コン,怖い,注意点

 

人間、初めてのことに挑戦するときは、等しく恐怖を覚えるものです。

 

街コンという場は、異性との出会いを期待していくものですが、こと異性慣れしていない人は、「異性との出会いを期待してその場所に赴く」というだけで次から次へと不安がわいてくるかもしれません。

 

「自分だけすごく浮いててヒソヒソプークスされたらどうしよう」
「何も喋れなかったらどうしよう」
「はい、二人組つくってーで余ったらどうしよう」
「変な人に会って、ストーカーされたらどうしよう」
「いきなりホテルに連れ込まれたらどうしよう」

 

などなど……。

 

男性と女性では不安の質が違ってくるかもしれませんが、不安を感じるのはみな同じ。

 

ということで、今回は「街コンが怖いという人へ、街コンを楽しむため心得3つ」をご紹介したいと思います!


 

オタク街コンを楽しむための心得その1.身構えすぎない

まず始めに、冒頭で書いたような不安を感じている人にずばり言います。
その不安はすべて杞憂です。

 

オタク街コンにはいろんな人が来ます。明るい人も暗い人もコミュ力高い人も低い人もいます。
ですので、変な人が全くいないとは言い切れません。
あなたがあまりにも個性的で浮く可能性もゼロとは言い切れません。

 

でも、大丈夫です。
案ずるより産むが易しなのです。とにかく参加してみましょう。

 

筆者もビビりな異性慣れのしていないオタクだったので、身構えすぎてしまう人の気持ちは痛いほどわかります。
というか冒頭で書いたのは当時の筆者の不安ですが、だからこそ言います。大丈夫です。杞憂です。

 

一度参加してみれば、「なんだ、こんなもんか」と拍子抜けするくらい、劇的なことは何も起こりません。

 

身構えすぎず、異性との会話を楽しもう、新しい出会いを楽しもうという気持ちで、参加してみましょう。

 

オタク街コンを楽しむための心得その2.服装に気を付ける

オタク婚活,オタク街コン,怖い,気を付けること

 

「街コンでものすごく浮いたらどうしよう……」と不安な方は、自分の服装を見直してみましょう。

 

あまりに個性的な服装は、目立って浮くというより、ちょっと距離を置かれる要因になります。

 

街コンで大事なのは「没個性」。
みんなが来ていそうな服を無難に着こなすのがコツです。

 

男性ならボタンつき白シャツにスラックス。
女性ならワンピースか、スカート。

 

間違ってもコスプレとかキャラTシャツを着ていくのはやめましょう。
いや、いくらなんでもそんな人いないと思うけど……。

 

オタク街コンを楽しむための心得その3.マナーを守る

街コンはたくさんの異性との出会いを期待して行くものです。
オタク街コンのアニコンでもゲームコンでも漫画コンでもそれは変わりません。

 

オタク同士という安心感も手伝い、「街コン」という場の中では、つい「仲良くならねば」と意気込んでしまいがち。

 

ですが、お互い初対面であるということを忘れてはいけません。

 

最初からタメ口で話し出したり、ボディタッチをしたりというマナー違反には気を付けましょう。
男女が集まる場だからこそ、節度が大切です。

 

いきなり馴れ馴れしく距離を詰めると、「軽い人なのかな?」「遊び目的なのかな?」と思われてしまいかねません。
そんなところで悪印象を与えるのはもったいないので、節度を保った言動をするようにしましょうね。

 

初めてのことは誰でも怖い。まずは街コンに参加してみるのが一番!

アニコンやゲームコンは、周りがオタクばかりですし、婚活パーティーや婚活アプリに比べると参加のハードルが低いイベントです。
初めて参加するという人も大勢います。オタク趣味が原因でなかなか異性との出会いがなく…という人もたくさんいます。

 

せっかく参加するなら、いろんな人と仲良くなって連絡先を交換して、輪を広げていきたいですよね。
街コンで「話しかけやすい」「モテる」人はやっぱり、笑顔で楽しんでるのがわかる人。

 

これから参加する人も、参加しようと思っている人も、身構えすぎず楽しんできてくださいね!

トップへ戻る