オタク同士でもタメ口はNG?オタク街コンでの敬語からタメ口の切り替え時期について

オタク婚活,オタク街コン,敬語,タメ口

 

街コンというのは、異性と仲良くなることを目的として行われるイベントです。

 

特にオタクを集めた街コン、アニコンやゲームコンなどでは、「趣味が同じ」という共通点から、テンションが上がってしまいがち。

 

特に、同世代や年下の異性がいると、ついついタメ口で話しかけたくなってしまいますよね。
逆にずっと敬語を続けてしまって、タメ口へ切り替えるタイミングに悩んでしまうことも。

 

そこで今回は、オタク街コンで異性と仲良くなったら、どのタイミングで敬語からタメ口に切り替えたらいいのか?ということについて紹介したいと思います。


 

初対面でいきなりタメ口は失礼。「見下されている」と感じる人も

「タメ口」というのは諸刃の剣。
上手に使えば一気に親しくなれますが、使い方を間違えれば悪印象を与えます。

 

オタク街コンという場でも同じで、基本的に初対面でいきなりタメ口は失礼にあたります。

 

あるサイトで、「タメ口に関するアンケート」が行われていました。

 

 

以前、婚活している男女100人に婚活マナーについてのアンケートを実施したところ、95%以上の方が「初対面でのタメ口はNG」と答えたという調査結果があります。

アイリス婚活カフェ

 

初対面でもタメ口OKという人はたったの5%。
タメ口は馴れ馴れしい、不誠実さを感じる、礼儀知らずである、見下されているように感じるといった、辛辣な理由が並んでいます。

 

いきなり見ず知らずの人に親しげに話しかけられたら、「何この人?」と感じてしまうのは仕方ないかもしれません……。

 

ですので、いくら同じ趣味同士で親しみを感じても、最初は敬語を崩さないようにしましょう。

 

敬語からタメ口に切り替えるタイミングはいつがいい?

 

オタク婚活,オタク街コン,敬語,タイミング

 

とはいえ、ずっと敬語でいたら距離は縮まらないままです。
オタク街コンで仲良くなった場合、どのタイミングで敬語を崩したらいいのでしょうか?

 

大体の流れとしては、街コンで連絡先を交換し、その後交流を続ける過程でタメ口に切り替えるのが理想です。

 

ですが、実は確実にこのタイミング!といえる正解はありません。
なぜなら、人によって「タメ口」に対する感覚は違うからです。

 

初対面でタメ口が平気な人もいれば、もっと親しくなってからじゃないと嫌だという人もいるのです。

 

でも、もっと仲良くなりたい。
じゃあ、どうすればいいのか?

 

ずばり、相手に「もっと仲良くなりたいので、敬語はやめませんか?」と聞いてしまいましょう。

 

lineやメールで聞くより、対面で話しているときがベストです。
いきなり自分の判断で止めるより、相手に委ねてしまいましょう。丁寧な印象を与えることができます。

 

「いや、まだ親しくないので敬語を続けましょう」と言われることはまずありませんし、切り替えたいタイミングで直接提案するのが一番無難です。

 

恋愛はコミュニケーション。
お互いのペースで仲良くなれるのがいいですね。

 

敬語からタメ口に切り替えるタイミングまとめ

「敬語」や「タメ口」の切り替えるタイミングは正解がなく、悩んでしまいますね。

 

ですが、うまく使えば大きく距離を詰められるのも事実。
礼儀正しい人が、自分にだけタメ口を使ってくれたらドキッとするものです。

 

楽しく会話することを第一に、上手に使い分けていってくださいね!

トップへ戻る