オタク街コンににわかオタク・ぬるオタが行ってもいいのか

オタクの街コンににわかオタ・ぬるオタが参加してもいいのか問題

オタク街コンでぬるオタ・にわかオタだけど参加してもいい?

オタク婚活,オタク街コン,にわか,ぬるオタ

 

そこまでアニメに詳しいわけじゃない。
そこまでゲームに詳しいわけじゃない。
そこまで漫画に詳しいわけじゃない。

 

でも、有名なものなら聞いたことはあるし、少し見たこともある。
深く突っ込まれたら全然答えられないけど、全く知らないわけじゃない。

 

ディープな話は全然出来ないけど、自分は「どちらかというとオタク」だと思ってる。

 

こんなレベルでも、アニメコンやゲームコン、漫画コンに参加してもいいのかなあ?
全然話が合わなくて、嫌がられたりしないだろうか?

 

そんな風にお悩みの方は、ぜひオタク街コンに参加してみてください!
オタクのための街コンに、そこまで深い知識は必要ありません。

 

今回は、なぜぬるオタ・にわかオタでもどんどん参加して大丈夫なのか? 理由をご紹介したいと思います!


ぬるオタ・にわかオタでもオタクの街コンに参加しても大丈夫な理由

なぜオタクが、オタク婚活やオタク街コンに行くのか?というと、出会いが欲しいという他に二つの理由があります。

 

  • 同じ趣味を共有できる恋人が欲しい
  • 自分の趣味に理解がある恋人が欲しい

 

ということです。

 

冒頭に挙げたようなことを考えて一歩踏み出せない人は、「そこまでオタク趣味に詳しくないから、同じ趣味を共有できないかもしれない」と不安に思っているのかもしれません。

 

しかし、そもそも、男性と女性で、全く同じ趣味を共有していることはほぼありません。

 

万が一、同じ趣味、同じレベルの知識、同じ楽しみ方をする異性を求めているオタクがいるとしたら、それはとんでもない高望みにあたります。年収1億の異性と結婚したい?と言ってるようなものです。

 

あくまでオタク趣味は共通点を探して仲良くなるためのツールの一つなのです。

 

また、オタク趣味は最近はずいぶん理解が進んでいるものの、まだまだ隠すべき趣味であると思っている人は多くいます。
特に異性相手だと顕著で、オタクに対してどう思っているかわからない異性にオタク趣味を打ち明けるのはハードルが高いです。

 

ですが、「オタク婚活」「オタク街コン」という場であれば、そもそもオタクであること、オタク趣味に理解があること、が参加条件なのですから、自分の趣味を隠さなくてすみます。

 

「オタクであるというだけで気持ち悪がられたり、嫌われたりしない」という安心感を求めて行くのです。

 

ですので、例えあなたがアニメに詳しくなくても、「オタクであることに引いたりしない」のなら、十分参加資格があると言えます。

 

オタク街コンには、たくさんの人が来ます。

 

実際、ディープなオタクもいますが、大体は「有名なものは知ってる」というライト層も多いです。
ですので、そこまで気にする必要はなく、気軽な気持ちで参加したらいいんじゃないかな、と思います。

 

オタク婚活の醍醐味は、「オタク趣味を持つ仲間である」という一体感じゃないかなと思っているので。

 

あなたが素敵なパートナーを見つけられるよう、応援しています!

トップへ戻る