オタクであるコンプレックスで出会いに積極的になれない

オタクがコンプレックスで出会いに積極的になれない!どうしたらいい?

オタク,恋愛,コンプレックス

アニメ、漫画、ゲーム……一般にオタクな趣味と呼ばれるものは、ぶっちゃけると受けがあまりよくないです。

 

「モテ」に関するアンケートで、たいていワーストランキングに入っているのが、オタク趣味だったりします。

 

まあイケメン&美少女ばかりのアニメを見ていると、アニメに興味がない人にとっては、「異性に夢を見ていそう」だとか「現実が見えてなさそう」だとか思われるのも、わからなくはない。
そんな偏見を感じる世の中、「オタクである」ということがコンプレックスとなって、出会いに積極的になれない人もいるんじゃないでしょうか?

 

非オタクの人と、何を話していいかもわからないし。
テレビの話題も、流行の芸能人もわからないし。
お洒落なお店も知らなければ、ここ最近アウトドアで楽しんだ記憶もない……。

 

結局のところ、「オタクな自分」に自信がないから、出会いに積極的にはなれない。

 

今回は、そんな「オタクな自分コンプレックス」に苦しむ人は、どうしたらそのコンプレックスをなくせるか?
どのような対策があるか?を真面目に考えてみました!

 

身もふたもなく結論から言うと、新しい趣味を作るか、開き直るかの二択です。

 

なんらかの参考になれば幸いです。


オタクはキモイという偏見とコンプレックスから脱出する方法

オタクな自分にコンプレックスを持っているせいで、恋愛に積極的になれない。
その対策はざっくり二つ。

 

一つ目は、もちろん新しい趣味を作ることです。

 

オタク趣味を捨てろというわけではありません。ただ、優先順位を少し下げてみる。

 

今まで友人や同僚の誘いをオタク趣味を理由に断っていたのなら、誘いに乗るようにしてみる。
今まで興味があったけれど、オタク趣味に忙しくてできなかったことに、チャレンジしてみる。

 

そもそもなぜ出会いの場でオタク趣味をコンプレックスに思うかと言えば、「キモイと思われるかもしれない」「ドン引きされるかもしれない」という不安のほかに、「オタク趣味くらいしか話す話題がない」からだと思うんですよね。

 

でも、非オタクのほうが多い出会いの場で、微妙な反応をされてしまうのもオタク趣味です。
新しい趣味を作って、「趣味は料理です」だとか「スポーツです」だとか言えて、その話題について話せるのなら、たとえオタク趣味を楽しむ自分のままだとしても、気持ちはぐっと楽になるはずです。

 

二つ目は、開き直って、オタクな自分を認めてあげて、オタクだというだけで毛嫌いする人とは付き合えないと割り切ることです。

 

そりゃあね? ありとあらゆる異性にモテたいと思っているのなら、オタクはモテないと思います。
スポーツマンとか、料理上手とか、「異性受けのいい趣味」を持っている人のほうが、モテるはずです。

 

しかし、いくら異性受けがいい趣味といったって完璧ではありません。「スポーツマンはちょっと…」という人は一定数いるはずです。
反対に、「オタクな人が好き!」という人も、必ずいます。

 

大勢のありとあらゆる人に好感を持ってほしいのですか?
自分の趣味を否定しない、共有できる、理解し合える相手が1人いれば、十分ではありませんか?

 

オタクな趣味を持っている!と大声で言えば、ドン引きする人もいるでしょう。
ですが、好感をもってくれる人も必ずいます。

 

そして今の世の中では、オタクである、ということに好感をもってくれる人が集まる出会いの場がすでに存在するのです。

 

たくさんの異性には好かれないかもしれなくても、受け入れてくれる人を1人見つけるだけでいい。
そう割り切れるなら、オタクである自分をコンプレックスに思う理由はないはずです。

 

だってそれは、「同じ趣味を共有できる」という、出会いの場における武器になるのですから。

 

オタクがコンプレックスで恋愛できないことについての対策まとめ

オタク趣味って、楽しいですよね。
私もオタクなので、あんまりオタクをオタクというだけで毛嫌いしてほしくないものです。

 

結局のところ、人との付き合いにおいて、趣味を押し付けない、妥協点を見つける、といった配慮ができるかどうかが関係を続けていく秘訣ですので、オタクかどうかはあまり関係がないと思います。

 

趣味が合わないカップルなんて世の中にたくさんいます。
インドアな人とアウトドアな人が夫婦になって、ふつうに結婚生活を営んでいます。

 

大事なのは思いやりを忘れないこと。

 

自分の趣味をコンプレックスに思い過ぎず、出会いの機会を増やしていけば、いつか素敵なご縁が見つかるはずです。
あなたにいいご縁が見つかるよう、応援しています。

オタク婚活,ランキング

トップへ戻る